市町村保健師の仕事

市町村保健師の仕事は、多岐に渡る。それぞれの自治体に、市町村保健師はいる為、その土地の問題によっても、自ずと取り組む仕事の力点というものが異なります。市町村保健師の仕事は、多岐に渡ります。具体的には、母子の健康状態の把握、精神保健に関する問題への取り組み、また感染症の予防対策、日常の生活習慣病へのアドバイスなど様々な取り組みを行うことが求められます。

 

現状では、あまりに仕事内容があまりに多岐に渡るので、十分なサービスができていないことが指摘されております。今後も、日本の社会問題でもある、高齢社会がもう間もなく現実となってきており、健康問題は今後更に重要なテーマとなることが予想されております。その為、ますます市町村保健師の役割が重要であり、地域に住んでいる人々と円滑なコミュニケーションを行う必要があります。また、それぞれの地域の特性に合った、市町村保健師というものを、しっかりと要請することが必要であり、市町村保健師の力次第によって、地域の健康力がかわってくると思われます。是非、今後の更なる成長を期待していきたいです。