市町村保健師に向いている人

医師、看護婦、保健師……こうした職業を目指す人たちは、病気やけがで苦しむ人たちの苦痛を少しでも和らげたい、日々の暮らしを健康でよりよいものにしてほしい、そういった願いを胸に秘めているのではないでしょうか。中には、必ずしも身近な人たちだけでなく、世界に目を向け、発展途上国の貧困問題や医療問題を改善したいという大きな志を抱いている人もいるかもしれません。

 

とりわけ、海外青年協力隊などの国際協力活動に興味のある方は、最初の一歩として、市町村保健師を目指してみるのもひとつの選択肢です。遠く海を越え、国境を越えた国の人たちが、日本の市町村保健師の知識と献身を必要としています。あなたの身に着けた専門性が、現地でかけがえのないものとして必要とされ、評価され、感謝される日が来るはずです。市町村保健師の資格は、日本の地域医療に貢献するためだけでなく、世界に向かって自分の可能性を拓くもうひとつの「パスポート」にもなるのです。